得意分野を活かして
ビルのスペシャリストを
目指す

2014年 新卒入社

ファシリティ事業部

kayo.t

interview

現在、ファシリティ事業部にて、ビルの改修・保全工事における工事計画の立案や工事内容・見積金額の査定、実際の工事の工程管理や完工に向けた関係者との調整を行なっています。ビルは50年、100年と使用するものであり、時には億単位の工事も発生します。大きなお金をかける工事が無駄にならぬよう、また少しでも建物の価値向上につながるよう心がけながら、工事金額の折衝や中長期工事計画の策定などの仕事に取り組んでいます。
大学時代に学んだ建築の知識や、いろいろな図面が読めるということは大きなアドバンテージ。これからも様々な経験をして専門知識を増やしていきながら、支店の担当者からも頼られる存在になることが目標です。

Q

入社の決め手は何でしたか?

A

先に社会人になった友人から、就職先選びでは、働く環境がとても大事と聞いていました。第一ビルディングは福利厚生が良いのはもちろん、面接官や先輩社員の雰囲気・人柄が私と合っているように感じたのと、私の人となりを真剣にみてくださっている印象を受け、入社後も安心して働くことができると考えました。

Q

仕事のやりがいを教えてください。

A

テナントの退去・入居の契約・工事の調整や設備改修工事などの関係各所を調整し、周囲を巻き込みながら自分で進めていきます。そうして苦労して取り組んだ仕事を無事終えられた時に達成感とやりがいを感じます。

Q

第一ビルディングの好きなところは?

A

入社の時も決め手にはなりましたが、ともかく人が良い会社であること。公休も取りやすいうえ、福利厚生なども手厚く、国家資格を取るなど自己成長しながら長く働き続けられる環境が整っているところは魅力です。

Q

あなたが目指す「次」とは何ですか?

A

現在の部署は工事の専門部署のため、工事の専門知識をさらに深く身につけ、スペシャリストになり、一級建築士の資格取得に繋げていきたいと考えています。

message

就活生へのメッセージ

今後の長い社会人人生のはじめの一歩となりますので、社風、会社の雰囲気も出来る範囲で確認し、自分に合った会社、自分が活き活きと活躍できる会社に入社して欲しいと思います。
皆様の悔いの無い就職活動を応援しております。

other members