2017年 中途入社
大森ベルポートオフィス

Kensaku.T

【前職】 マンション販売会社で営業職に従事
2016年 : 第一ビルディングに入社 / 九州支店配属
2018年 : 大森ベルポートオフィスへ異動

interview

仕事のやりがいと
福利厚生の充実を求めて

新卒ではマンションの販売会社に就職して、主にモデルルームで新築マンションを販売する業務をしていました。前職も業務は楽しかったのですが、長時間労働もあり休日も少ないといった過酷な環境でした。加えて新しいマンションができるたびに自分も転々として、ひたすらマンションを販売し続けるという生活に将来の不安を感じ、より働き甲斐や福利厚生の充実した会社で働きたいと思ったのが転職のきっかけです。
入社後は九州支店と現在の大森ベルポートオフィスでプロパティマネジメントを担当しています。担当ビルの設備管理や工事の管理、入居テナントの賃貸借契約管理、収支計画の策定、ビル内で催すイベント運営など、幅広く業務を行っています。現在の担当ビルではダンスイベントやドラマ撮影等も行っているため、それらの業務の調整も私の仕事です。

現場で頼られる存在に

今の仕事を通じて感じることは、社内に限らずテナントやゼネコン、協力会社の方々など、様々な関係者と関わる仕事だと思っています。前職でもそうでしたが、現場で人と接しながら仕事をすることに面白みとやりがいを感じているので、関係者を巻き込んでの交渉がうまくいったときは達成感を味わえます。
また、第一ビルディングには役職や中途・新卒の区別なく、積極的に意見を言い合える環境があるので、自分のアイディアを提案できる機会は多いです。当然失敗もありますが、自分の意見が採用されたときはやはり嬉しいですね。
転職してしばらく経ちますが、まだまだ現場には学ぶことが多いなと実感しています。多岐にわたる業務に相応の知識が求められるため、まずは経験を多く積んで、誰からも信頼される人間になることが目標です。当面は当社の理念でもある「現場第一主義」のもと、常に当社の最前線で仕事に取り組み、ビルのプロフェッショナルになるための知識と経験を積んでいきたいと考えています。

Other Members